最近の活動
8/2|本のある暮らしと物語を楽しむ朗読会 |本と朗読ゼミvol.1

本と朗読ゼミとは?

本と暮らしゼミは、本好きが定期的に集まり、大好きな本や作家を語ったり、本の朗読を通じて、本のある暮らしと物語を楽しむゼミです。

仲間とともに、いつもと違う物語に出会いませんか?

活動内容とイベント

  • 朗読会の開催
  • 本を読むお茶会
  • 朗読のライブ配信 …など

参加方法

誰でも参加できます。
定期的に開催するゼミのイベントに、ご参加ください。

主なメンバー

本木 幸世(ゼミ長)

東京藝術大学美術学部芸術学科卒。在学中の2000年より現在まで劇団黒テント俳優部所属。全国を巡回する旅公演や野外公演などを経験しながら、アングラ演劇の中で青春時代を過ごす。フィリピン、韓国、インドネシア、オーストリア、東欧諸国など海外公演にも参加する他、近年では映画やTVなど映像作品にも出演。主な作品は『麻雀放浪記2020』『凪待ち』『ひとよ』(映画)、『逆転人生』(TV)、『アクアクララ』(CM)など。
2011年には杉並区の公共劇場、座・高円寺内の劇場創造アカデミー1期を修了。社会と演劇を繋ぐ応用演劇を学んだ後、小中学校、高校、大学、福祉施設や地域コミュニティーなど幅広い場で演劇ワークショップを展開している。劇団黒テントは、小説の文章をそのまま舞台作品に仕上げる「物語る演劇」という演劇的な手法に長年取り組んでいる。

横山貴敏我楽田工房