授業を作りたい方へ

ここからは授業を作りたい方への説明です。

授業をつくるには、2つの方法があります。

授業づくりの流れ

授業やゼミを作りたい人は、「編集会議」に参加してください。
作りたい授業やゼミの提案ができたり、相談することができます。

編集会議は誰もが参加できる開かれた場です。
後半はお酒を飲みながら、楽しく授業づくりをしています。

授業コンセプト

東京山の上大学の授業は、
3つのコンセプトを大切にしています。

コーディネーターとつくる

授業は、コーディネーターと一緒に作ります。
コーディネーターは、授業やゼミづくりのためのアドバイスや広報ページの立ち上げ、「先生」と「街の教室」を繋げるなどの様々な調整作業を行います。

経費などについて

【参加費について】

授業を実施すると、参加者から参加費を頂くことができます。
参加費は下記の内訳を参考に価格を決定します。

「基本料1000円」+「諸費用(*1)」+「お気持ち(*2)」

(*1) 諸費用は基本料で賄えない材料費や技術料、レンタル料などを補填するものです。
(*2) お気持ちは、山の上大学への寄付金として計上します。
(※) スポンサーが協賛金を支給する場合などは、参加費を割引き、もしくは無料で実施することができます。

【配分について】

参加費は授業づくりに関わるメンバーで配分します。
下記は、当市民大学が推奨する『基本配分』の比率です。
授業によってはメンバー内で相談の上、独自の比率を決めることもできます。

① 街の先生(*3)「基本料の3/10」+「諸費用」
② 授業コーディネーター「基本料の3/10」+「諸費用」
③ スペース利用料「基本料の3/10」+「諸費用」
④ 山の上大学運営費「基本料1/10」+「お気持ち」

(*3) 街の先生が不在の授業を実施する場合など、研究員(ゼミ生)が分配の対象となることもあります。

授業サポーターへのお礼

授業サポーターは、授業によっては所定金額の「お礼」をお支払いする場合があります。
お礼は、活動内容にあわせてイベントで頂いた「お気持ち」を原資にお支払いするため、お支払いを約束するものではありません。ご理解とご協力をお願い致します。