東京のど真ん中「はじまりの街」で
市民とともに社会課題に挑戦する
授業やプロジェクトをやりませんか?

市民大学との連携について

東京山の上大学では、企業や地方自治体の皆様を対象に、東京に集う「市民」とともに社会課題や企業課題の解決を目指した授業やプロジェクトの立ち上げを行っています。

市民大学はいわゆる一般的な大学と違い、社会人でも学び合える場づくりとして全国各地で開校されています。
その中でも『東京山の上大学』は東京のど真ん中、多くの市民と産業、歴史と文化が集まる街を中心に活動しています。(文京区・新宿区・豊島区など)

できること

1.マーケティング
(生活者からのニーズとシーズの発見)

2.研究開発・R&D
(市民参加型の新商品や新サービスづくり)

3.地域資源の開拓
(人脈、自然、生産物、社会関係、知的資本などの発見)

4.広報・CSR
(ファンづくり、企業の社会的役割)

5.社員研修
(新ビジネスを創出できる人材の育成)

得意なこと

市民とつくる。地域とつくる。

東京山の上大学では、市民とともにビジョンを描き、地域を良くするために歩み出すプロセスを大切にしています。

市民参加型、地元商店や企業参加型の様々な授業やプロジェクトをつくることができます。

企画と実行力

様々な企業や自治体と連携したプロジェクトをいくつも生み出してきた経験豊富なコーディネーターとともに、課題の設定から企画・実行までをサポートします。

日本まるごと材料

東京・山の上エリアだけでなく、全国各地の市町村と連携した都市農村交流を得意としています。

例えば、地方の生産者や地域企業、自治体などと連携した様々な取り組みも積極的に行っています。

事例紹介

 

参加者の傾向

2019.12.1時点

実施までの流れ

社会課題や行政課題の解決にむけた授業をつくり実施していきます。
また、授業だけでなく、継続した活動を行うプロジェクトの立ち上げや運営についてもご相談ください。

ご相談内容に応じて、
プランとお見積もりを提出します。

お気軽にお問い合わせください。