東京山の上大学とは?

東京山の上大学は、
東京・山の手線の上半分のまち、
多くの市民と産業、
歴史と文化が集まるこの街を
キャンパスにする「市民大学」です。

市民大学とは、
いわゆる一般的な大学と違い、
市民や企業、商店が主役となり、
それぞれがテーマを持ち寄り
学び合う場として、
全国各地で開校されています。

街のすべてが教材となり、
特定の校舎を持たず、
商店や企業の会議室、
公園や道路など、
街の様々なスペースを教室としながら、
多種多様な立場の人が
先生、生徒、サポーターとなって
展開していきます。

※学校教育法上で定められた正規の大学ではありません。

こんな人に参加してほしい!

ご参加をお待ちしています!

山の上エリアについて

東京・山の手線の上半分のエリアを
「山の上エリア」と呼称しました。
まんなかに神田川が流れる
起伏にあふれたこの街は、
周囲に大きな繁華街、
東大を筆頭とした多くの学校、
閑静な住宅街と昔ながらの商店街、
歴史的な公園や史跡、
文化的な美術館や博物館などなど、
様々な顔を持っています。

目的